審査とローン契約履歴

審査とローン契約履歴

カードローンの審査では様々な項目を総合的に診断します。しかし、審査結果では何が良くて何が悪かったのかという説明はありません。その為、審査結果の要因は自分で予測するしかない面もあります。

 

申告内容や年収、希望額に問題がなさそうであれば、信用情報に問題がある可能性を確認してみましょう。信用情報とは各種ローンやクレジット契約の契約履歴、借入返済の履歴情報です。過去に組んだローン契約やクレジット契約、その返済状況も調べられます。

 

カードローン審査では信用情報はとても重要視されます。現在各種カードローンを契約している人やクレジットカードを複数枚所持している人は、借入れが多すぎると判断され、審査に落ちてしまう場合があります。

 

また、過去にクレジットの支払いが滞ってしまいカード利用停止になった経験がある人、カードローンの返済が頻繁に遅れていた人など、支払い履歴に問題が見受けられる人も審査では警戒されます。

 

これら信用情報については、起こってしまったものは取り返しがつかないと思うかもしれませんが、対策もあります。

 

意外と見落とされがちなのが現在は使っていないクレジットカードの契約です。枠がある以上借入れできる状態です。こちらのクレジットカードを利用するか、カードローンに変えたいならばクレジットカードは解約してしまいましょう。

 

特に気をつけたい消費者金融

他のローン契約を特に気をつけたいのは、消費者金融での借入れを考えている場合です。消費者金融では年収の3分の1までの利用に制限をする総量規制があるため、借りていなくても枠を持っているだけで総量規制に引っかかってしまう可能性があります。

 

余計な枠によって借りられなくなると便利な大手のサービスも利用ができなくなる可能性があるので、余計な契約に関しては残さずに切っておきましょう。余計な枠がなければモビット大阪での借入れのように大手消費者金融でスピーディなカードローン利用が行える可能性が出てくるのです。