信用情報に問題があると

信用情報に問題があると

カードローンの審査では様々な項目を総合的に判断して、貸付け可能かどうかを決められます。部分的な判断ではないため、審査に通るかどうかは実際に受けてみるまで分かりません。ただし、様々な項目の中でも信用情報は特に重要視されるので注意が必要です。

 

信用情報では現在までの各種ローンやクレジット契約の借入、返済の履歴が残ります。過去に度々返済が遅れていた人は信用が薄く、審査に通りにくくなります。

 

信用情報はこれからきちんと返済をしていくという点も重要ですが、審査では現在までの履歴が重要となります。過去にやってしまった返済遅れについては対策が取れないと思うかもしれません。

 

実は信用情報というのは一生残るものではありません。最後の取引から5年が経過すると信用情報の履歴は消えます。つまり5年以上経過すれば、過去の履歴が原因で審査に通る可能性は低くなります。履歴が消えるまで待つのは大変ですが、時間が解決してくれるというケースもあるのです。

 

ただし、信用情報が消えるといっても、それは信用情報機関に残されている情報についての話となります。各種ローン会社の中には、5年以上経過しても情報が残っている場合があります。

 

例えば10年前にアコムで返済遅れがあった場合、信用情報機関の情報は消えても、アコムに履歴が残ります。アコムは消費者金融だけでなく、銀行系カードローンの保証会社として審査を行う場合もあるので注意が必要です。

 

同様に消費者金融大手のプロミスでもサービスを提供しているSMBCコンシューマーファイナンスも保証業務を広く行っているため、トラブルを起こしてしまうと何らかの影響が出る可能性があります。

 

プロミス自体はプロミス千葉市で借りられる最短即日融資のように手軽で素早く借りられるために便利ですが、何らかのトラブルを起こしてしまった際には手軽な分だけ影響も大きいと考えておかなければなりません。